内容(「BOOK」データベースより)
これは、信じられないようなほんとうの話です。
2004年12月、東南アジアを大津波が襲いました。

そのとき、お母さんとはぐれてひとりぼっちになってしまった赤ちゃんカバは、大きな大きなゾウガメを母親がわりにして、生きていくことにしました。すると、なんとその年老いたゾウガメも、このかわいそうな赤ちゃんカバをやさしく受け入れてくれたのです。

いまではふたりは離れられない仲になっています。

このニュースは世界じゅうをかけめぐり、人びとの心をくぎづけにしました。
ニュースに感動した父と娘は、このすばらしい物語を本にしようと決心しました。
そうしてできあがったのが『オウエンとムゼイ』なのです。

(引用ここまで)

「オウエンとムゼイ」

良いお話のカメ新刊です!
さっそく「 カメの本コーナー 」に載せました。

ムゼイってメスかと思ったら、オスなんだって。
なんか意外な気がした。

お母さん代わりだから勝手にメスだと勘違いしてただけなんだけどね困った

表紙の寄り添う姿が癒される?。


オウエンとムゼイがいる動物園のサイト
http://www.lafargeecosystems.com/main/index.php

オウエンとムゼイの日々をつづったブログもあります。
英語ばかりで本文は読めないけど、
写真が満載なので大丈夫。れっつごー。
二人のラヴラヴ仲良しっぷりがわかります。

このブログの写真で、ムゼイの他にもゾウガメがいた。
多数のゾウガメの中からムゼイを選んだんだね、オウエンは。
見る目あるぞ、オウエン♪

カメのカレンダーを注文して届いたばかりなので、
もう少し時間をあけてから注文しようっと♪

カメの本コーナー・オウエンとムゼイ